印紙税・収入印紙>>印紙税の基本

印紙税が課される理由

 印紙税が課される理由について、説明しています。
 

印紙税が課される理由

 印紙税は、契約書や領収書など、経済取引に付随して行われる文書の作成行為をとらえて課税される税金です。例えば、不動産売買取引に付随して行われる不動産売買契約書の作成行為をとらえて課税されるということです。なぜ、課税をされるのかと言いますと、不動産売買ができるのであるならば、印紙税という軽度の税金を負担するぐらいは、可能であろうということで課税されるということです。つまり、文書作成の背後に、担税力があると見られて課税されるのです。